background image

オリーブオイル

ベルトーリ オリーブオイルの歴史

「シンプルに誠実に作られた、混ざりもののないナチュラルな食材こそ、イタリア料理の心です。」これは1865年創業当時のフランチェスコ・ベルトーリ氏の言葉です。以来ベルトーリのオリーブオイルに対する情熱は変わることなく、信頼できるグローバルブランドとして今日まで成長してきました。ベルトーリ オリーブオイルのこだわりの味をお楽しみください。

オリーブオイルと健康

オリーブオイルはおいしいだけでなく、健康に良いオイルとしても知られています。例えば、バターやマーガリン、その他の油脂に比べて、不飽和脂肪酸がより多く含まれています。不飽和脂肪酸は体内の悪玉コレステロールを下げる働きがあるとされています。また、オリーブオイルには細胞の老化を防ぐ天然の抗酸化物質が含まれています。

オリーブオイルとエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルの違い

オリーブオイルとエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルの違いは、オリーブの加工方法にあります。エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルは、収穫したオリーブをできるだけ早くコールドプレス製法で搾油するため、オリーブ本来の豊かな風味と香りがあり、サラダやソース、パスタなどにおすすめです。一方、オリーブオイルは圧搾後にオイルを精製するため、加熱に強いのが特徴です。

オリーブオイルの作り方

伝統的な収穫と圧搾

原料となる良質なオリーブは、地中海の強い太陽と肥沃な土地に育まれ、11月から2月にかけて完熟する直前に収穫されます。フレッシュな風味を損なわないよう、収穫後すぐに機械で圧搾してオリーブオイルに加工します。約5 kgのオリーブから1リットルのオリーブオイルが作られます。

コールドプレス製法とボトリング

収穫したオリーブを破砕して搾ることでベルトーリのオリーブオイルは作られます。この製法で作られる一番搾りのオイルはファースト・コールドプレスと呼ばれ、このオイルから不純物を除去したのが、ベルトーリの エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルです。ファースト・コールドプレス製法によって、オリーブオイルは自然な純度が保たれるため、添加物を一切加えずに長期保存が可能になります。